ヨーロッパトノサマガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパトノサマガエル
Rana esculenta on Nymphaea edit.JPG
ヨーロッパトノサマガエルRana esculenta
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobat rachia
: アカガエル科 Ranidae
亜科 : アカガエル亜科 Raninae
: アカガエル属 Rana
: ヨーロッパトノサマガエル
R. esculenta
学名
Rana esculenta
(Linnaeus, 1758)
和名
ヨーロッパトノサマガエル
英名
Edible Frog

ヨーロッパトノサマガエル(学名:Rana esculenta)は、両生綱無尾目アカガエル科アカガエル属に分類されるカエルの一種。ヨーロッパでは普通にみられ、代表的な食用ガエルの一種である。

分布[編集]

ヨーロッパの中部と東部に分布し、イギリス南部には導入個体群が分布する[1]

特徴[編集]

体長12cm。背面中央には淡色の縞模様が走る。

本種はコガタトノサマガエルRana lessonae)とワライガエルRana ridibunda)の雑種であり、自然下で普通に生じている[1]。基本的に雑種の親である2種のどちらかと繁殖して世代を維持しているが、本種は2倍体のほかに3倍体の個体が存在することで親種が関与せずに雑種個体群を維持することができる[1]

水路・川・湖・池などのあらゆる水場に生息する。年中鳴くものの、とくに春と夏は大合唱となる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c クリス・マチソン(著者) 松井正文(監修・訳) 『世界カエル図鑑300種』 ネコ・パブリッシング2008年4月20日ISBN 978-4-7770-5227-1 pp.336-339