ヨーロッパザリガニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパザリガニ
Crayfisch Astacus astacus.jpg
保全状況評価 [1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物Animalia
: 節足動物Arthropoda
: 甲殻綱 Crustacea
: エビ目(十脚目) Decapoda
亜目 : エビ亜目(抱卵亜目) Pleocyemata
下目 : ザリガニ下目(異尾下目) Astacidea
: ザリガニ科 Astacidae
: アスタクス属 Astacus
: ヨーロッパザリガニ A. astacus
学名
Astacus astacus
(Linnaeus, 1758)
シノニム

Astacus fluviatilis

和名
ヨーロッパザリガニ
英名
Noble crayfish
European crayfish

ヨーロッパザリガニ (学名:Astacus astacus)は、エビ目(十脚目)・ザリガニ下目・ザリガニ科に分類されるザリガニの一種。

分布[編集]

ヨーロッパの広い地域に分布する。

具体的には、アンドラオーストリアベラルーシベルギーボスニア・ヘルツェゴビナブルガリアクロアチアチェコデンマークエストニアフィンランドフランスドイツギリシャハンガリーラトビアリトアニアマケドニア共和国モルドバオランダポーランドルーマニアスロバキアスロベニアスイスである[1]

また、キプロスリヒテンシュタインルクセンブルクモロッコウクライナイギリスにも外来種として移入分布する[1]

特徴[編集]

形態は一般的なザリガニと変わらず、1対の大きなハサミをもつ。体色は青緑色から黒褐色まで幅広い[2]

河川や湖沼に生息する。繁殖期は10~11月頃で、雌は翌年の5月頃まで卵を保持して守る[2]

保全状況[編集]

生息地の悪化、乱獲、病気などにより個体数が減少している[1]。ヨーロッパでは食材として利用されており、フランス料理ではエクルヴィスと呼ばれるが、本種の減少にともない、代用品としてウチダザリガニが利用されている[3]

日本では在来種ニホンザリガニの生息を脅かす恐れがあるとしてアスタクス属全種を外来生物法により特定外来生物に指定している[2]。日本国内の野生では定着しておらず、流通も厳しく制限されている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d L. Edsman, L. Füreder, F. Gherardi & C. Souty-Grosset (2010年), Astacus astacus, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/2191 2012年7月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d ヨーロッパザリガニ 国立環境研究所 侵入生物DB
  3. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7