ヨーハン・シュロート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Johann Schroth.

ヨーハン・シュロート(Johann Schroth、1798年2月11日 - 1856年3月26日)は現在のチェコのイェセニーク (Jeseník)のチェスカー・ヴェスに生まれた、オーストリアの自然療法家である。シュロートの創案したシュロート式健康法(シュロート療法)は現在もヨーロッパで行われている。

荷役運送業者で、馬の扱いに習熟していた。18歳の時、膝を負傷した馬を、患部を冷やすことによって治療し、地域の家畜の治療者として評判になった。その後人の治療もするようになった。代謝促進と免疫活性向上のために、温水による加温や全身をパックする療法なども導入した。病気になった家畜が食事や水を飲まなくなることに注目し、食事制限や飲料水の制限などを導入した。

熱烈な支持者が得られた一方、当時の有力な医師たちからは、ペテン師よばわりされた。19世紀を通じて、シュロートの療法を支持する人々と、「水治療法」を始めたヴィンチェンツ・プリースニツの信奉者たちは、どちらがより優れた自然療法か論争を行った。

1830年頃、Bad Lindewiese(チェコのLipová-lázně)に湯治場を設けた。シュロートの没後、息子のEmmanuel Schrothが、仕事を引き継ぎ、父親の療法の極端な処方を緩和して、シュロート療法の普及をもたらした。

参考文献[編集]

  • Alfred Brauchle: Der gegen Spieler zu Vinzenz Prießnitz. Der Fuhrmann Johann Schroth, Dürsten und die feuchte Wärme. In: Alfred Brauchle: Geschichte der Naturheilkunde in Lebensbildern. 2. Auflage von Große Naturärzte. Reclam, Stuttgart 1951, S. 158-163.
  • Erich Ebstein: Schroth, Johannes. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 54, Duncker & Humblot, Leipzig 1908, S. 219–222.
  • Theodor Hahn: Practisches Handbuch der naturgemässen Heilkunde. Ohne Arzt und Arznei, ohne Prießnitz und Schroth. Schabelitz, Zürich 1866.
  • G. Ludwig: Schroth (Schrod, Schrodt) Johann. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 11, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1999, ISBN 3-7001-2803-7, S. 256 f. (Direktlinks auf S. 256, S. 257).
  • Heinz-Peter Schmiedebach: Schroth, Johann. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 23, Duncker & Humblot, Berlin 2007, S. 599 f. (Onlinefassung).
  • Hugo Scholz: Der Fastendoktor von Lindewiese. Dokumentarische Erzählg über Johann Schroth. Leimen-Heidelberg: Die Heimatbrücke, 1971, 32 S. (Sudetendeutscher Novellenring; Bd. 26)
  • Hugo Scholz: Erbe und Geheimnis des Naturarztes Johann Schroth. 2. Auflage. Allgäuer Zeitungsverlag, Kempten 1981, ISBN 3-88006-069-X.
  • Hubertus Averbeck: Von der Kaltwasserkur bis zur physikalischen Therapie. 1. Auflage. Europäischer Hochschulverlag, Bremen 2012, hier S. 239-250, ISBN 978-3-86741-782-2