ヨーゼフ・レッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・レッセル

ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フランツ・レッセル(Josef Ludwig Franz Ressel、1793年6月29日 - 1857年10月9日)は森林監視人で、スクリューの発明者として知られている。かつては500オーストリア・シリング紙幣に肖像が描かれていた。

オーストリア支配下のボヘミアChrudimで生まれる。父はドイツ語を話し、母はチェコ語を母国語としていた。リンツウィーンで学んだ後、オーストリア政府の森林技術者としてイストリア半島Motovun(現在のクロアチア)で勤務。その後(現在のスロベニアにある)Kostanjevicaで勤務し、そこで初めてスクリューの実験を行った。1821年、トリエステ(現在のイタリア)に転勤。トリエステにはオーストリア帝国最大の港があり、そこでのスクリューの試験は成功を収めた。1827年、スクリューの特許を取得。1829年、蒸気船 Civetta をスクリュー推進に改造し、トリエステの港で6ノットを記録したが、直後にその蒸気船は蒸気の導管が爆発した。この不幸な出来事により、警察がその後の実験を禁止した。

アメリカ合衆国では1804年、ジョン・フィッチがスクリューを発明したとされているが、動作可能な実物の製作には失敗している。1836年、イギリスのフランシス・ペティ・スミスがレッセルのものとよく似たスクリューの実験を行った。スクリュー推進船が初めて大西洋を横断したのは1839年のことで、スウェーデンの技術者ジョン・エリクソンがレッセルのスクリューを改良したものを用いていた。1880年代には、スクリューのデザインは安定した。

レッセルの他の発明としては、空気圧式のポストとボール、シリンダーベアリングなどがある。彼は生涯のうちに多数の特許を取得した。

リュブリャナで死去。

参考文献[編集]

  • Erhard Marschner: "Josef Ressel. Erfinder der Schiffsschraube - Seine Vorfahren und Nachkommen" [Josef Ressel. The inventor of the ship propeller - its ancestors and descendants], 1979, ISBN 3-7686-6016-8.
  • Václav Gutwirth: "Vynálezce Josef Ressel" [Inventor Josef Ressel], 1943, Prague.
  • Jiří Charvát, Pavel Kobetič et al.: "Josef Ressel a Chrudim" [Josef Ressel and Chrudim], 1986, published by the Chrudim Regional Museum. The museum keeps collection of porpotions about Ressel.

外部リンク[編集]