ヨースタ・ミッタク=レフラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨースタ・ミッタク=レフラー

マグナス・グスタフ(ヨースタ)・ミッタク=レフラーMagnus Gustaf (Gösta) Mittag-Leffler 1846年3月16日 - 1927年7月7日)はスウェーデン数学者

ストックホルムで学校の校長ジョン・オロフ・レフラーとグスタヴァ・ヴィルヘミナ・ミッタクの息子として生まれた。母親の旧姓を名乗るようになったのは後年のことである。彼の妹は作家のAnne Charlotte Lefflerである。1865年にウプサラ大学に入学を許可され、1872年には博士号を取得し、同年にウプサラ大学講師となった。また彼はウプサラ大学のStockholms nation(学生会のようなもの)の議長も務めた。その後彼はパリ、ゲッティンゲン、ベルリンを訪れ、1877年から1881年の間はヘルシンキ大学の教授職についた。1891年から1892年の間はストックホルム・カレッジ(後のストックホルム大学)の学長であり1911年に引退した。彼はその後自らの意思でビジネスの世界に飛び込んだが、その資産は1922年の恐慌によって失われてしまった。

彼はスウェーデン王立科学アカデミー(1883年)、フィンランド科学文学協会(1878,後に名誉会員)、ウプサラのスウェーデン王立科学協会、ルンドの王立地学協会(1906年)、他ロンドンの王立科学協会、パリ科学アカデミーなど30余りの外国の科学協会の会員であった。オクスフォード大学他いくつかの大学から寄付による名誉を受けている。

彼は数学誌Acta Mathematicaを1882年に妻Signe Lindforsの資金的な助力により創刊した。彼らはフィンランドに住まい、多くの数学に関する蔵書を彼の別荘のあるストックホルムの郊外Djursholmに集めた。別荘と蔵書はミッタク=レフラー研究所として科学アカデミーに寄付された。

アルフレッド・ノーベルがノーベル数学賞を作らなかった理由としてミッタク=レフラーの妻Signe Lindforsへの好意をあきらめざるを得なかったことが挙げられることがあるが根拠はない。

関連項目[編集]