ヨン・バウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨン・バウエル
生誕 1882年4月6日
ヨンショーピング市
死去 1918年12月20日(36歳)
ヴェッテルン湖
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
テンプレートを表示

ヨン・バウエルJohn Bauer, 1882年 - 1918年12月20日)は、スウェーデン画家

最も知られた作品としては、童話集Bland tomtar och troll (小人やトロールの中) がある。

生涯[編集]

ヨン・バウエルは二人の兄弟と一人の姉と共にスウェーデンのヨンショーピング市に生を受けた。姉が13歳の時に夭折したことはヨン・バウエルのその後の生い立ちに大きな影響を与えた。彼は、父親のシャルキトリー作りを支えながら、常にスケッチをし、絵を描くことを止めなかった。16歳の時、ストックホルムで絵画を専攻し、二年後にはスウェーデン王立芸術アカデミーに入る。[1]

アカデミーでエステル・エルクヴィストと知り合い、1906年に結婚。1908年から1910年にかけてドイツとイタリアを共に周遊する。エステルは『妖精姫』など、バルエルの作品に度々登場した。しかしながら、次第にうつ病と自己嫌悪に苛まれる様になった結果、1918年には離婚に至ることとなり、同年の12月、船の難破に巻き込まれてその生涯を終えた。[2]

『妖精姫』

影響[編集]

バウエルの初期の作品はAlbert Engströmカール・ラーションなど同年代のスウェーデン画家にかなり影響を受けている。イギリス人挿絵画家の、アーサー・ラッカムエドマンド・デュラックなどに幅広く影響を与えた。また、ノルウェーミュージシャンであるMortiisが発表しているアンビエント・ミュージックのアルバムジャケットに多数の作品が用いられている。

参照[編集]

  1. ^ The John Bauer Museum
  2. ^ Getåolyckan 1918” (swedish). 2006年7月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • The Artist John Bauer And His World, Helen Agrenius (curator, Jönköping museum), 1996.
  • John Bauer Sagotecknaren, Harald Schiller, 1935 (Swedish).

外部リンク[編集]