ヨルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Jork, Niedersachsen.jpg Locator map STD in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: シュターデ郡
緯度経度: 北緯53度32分
東経09度40分
標高: 海抜 4 m
面積: 62.27 km²
人口:

11,794人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 189 人/km²
郵便番号: 21635
市外局番: 04162
ナンバープレート: STD
自治体コード: 03 3 59 028
行政庁舎の住所: Am Gräfengericht 2
21635 Jork
ウェブサイト: www.jork.de
首長: ゲルト・フーベルト (Gerd Hubert)
郡内の位置
Jork in STD.png

ヨルク (または ヨーク、Jork)は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州シュターデ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。ハンブルクと境を接し、アルテス・ラントの中心的役割を担っている。ヨーロッパ最大の果樹栽培地の一つである。

地理[編集]

市の構成[編集]

ヨルクは7つの町区で構成される。ヨルク、ボルステル、ラーデコプ、エステブリュッゲ、ケーニヒライヒ、ホーフェ、モーレンデである。3つの教会組織がヨルクにはある。ヨルクの聖マティアス教会、ボルステルの聖ニコライ教会、エステブリュッゲの聖マルティーニ教会である。

歴史[編集]

この町は1221年に初めて文献に記録されている。この町はその後発展し、やがてアルテス・ラントの行政中心となった。1885年プロイセン王国のヨルク郡の郡庁所在地となった。この郡はアルテス・ラントの他にブクステフーデ市やノイラントをも包含した。1932年にヨルクは行政中心としての機能を喪失した。ヨルク郡は廃止され、エステ川の西側はシュターデ郡に、東部はハールブルク郡に編入された。1972年にはヨルク区裁判所も廃止された。

現在の単一自治体としてのヨルクは1972年7月1日に記述の7つの町村(現在の町区)が合併して成立した。

アルテス・ラントのヨルクは、多くの新品種リンゴの開発地である。1951年に開発されたグロスター69は、この町の連邦立モーレンデ果樹栽培試験場で創られた品種である。1955年のヤンバという品種もここを起源とする。

行政[編集]

議会[編集]

ヨルクの町議会は28人の議員と町長の計29人で構成されている。

首長[編集]

町長は、2011年11月1日からゲルト・フーベルト (BVJ) が務めている。任期は8年である。

紋章[編集]

この町の紋章は上下二分割で構成されている。上部は青地で、斜め十字に組み合わされた2本の銀の切妻状の板。その上部は向かい合った白鳥の頭部が象られている。下部は銀地で、一番下の基部が緑色。2つの赤い宣誓する形の手が赤い鋤を挟んでいる。ヨルクの紋章はこの町で育った画家で彫刻家のカルステン・エッガースによってデザインされた。

文化と見所[編集]

アルテス・ラント博物館

博物館[編集]

  • ヨルク・アルテス・ラント博物館
  • ボルステル近郊のボルステラー・ビンネンエルベ・ウント・グローセス・ブラック自然保護区

建造物[編集]

ボルステル地区の風車

アルテス・ラントの全域には良く手入れされた木組み建築が遺されている。これらの建築は「アルトレンダー・トーレン」(アルテスラントの門)と呼ばれる豪華な玄関を備えている。広大な果樹園や(歴史的な)農場沿いにオプストマルシェンヴェク(果樹栽培地の道)が通っている。観光地の一つに風車があるボルステル地区のシュラフ堤防がある。グレーフェンホーフとも呼ばれる町役場は、12世紀にまでその歴史を遡ることができる際だった建物である。特に2階の結婚式場は、良好で様式をよく遺した状態で保存されている。

モーレンデ地区には17世紀初めからエステブルク城がある。エルベ川の堤防近くには、ツヴィーレンフレート、リューエ、ミールシュタックに古い灯台が遺されている。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

ヨルクには、ハンブルク交通連盟に加盟しているクラフトフェアケールGmbHシュターデ (KVG) が運営する4系統の乗り合いバスが運行している。

人物[編集]

1776年に、作家ゴットホルト・エフライム・レッシングとエーファ・ケーニヒとの結婚がヨルクで行われた。これを記念して1992年から毎年11月にレッシング会議が行われている。この他にもオットー・ヴァールケスや司会者のエルトンら、多くの著名人がこの町で結婚式を挙げた。

引用[編集]

外部リンク[編集]