ヨリトフグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨリトフグ
Sphoeroides pachygaster (Blunthead puffer).gif
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: フグ目 Tetraodontiformes
: フグ科 Tetraodontidae
: ヨリトフグ属 Sphoeroides
: ヨリトフグ S. pachygaster
学名
Sphoeroides pachygaster
(Müller and Troschel, 1848)
英名
Blunthead puffer


ヨリトフグ(Sphoeroides pachygaster)とは、フグ目フグ科に属する海水魚。神奈川県小田原ではカワフグデデフグ静岡県沼津ではミズフグ愛知県三谷ではチョウチンフグと呼ばれる。

分布[編集]

世界中の温暖な海に分布。日本では太平洋側では千葉県以南。日本海側では富山県以南に分布する。

生態[編集]

体長は30cm。水深100-500mの大陸棚縁辺部に棲息。体には無数の細い線がある。毒はなく、筋肉、皮、精巣のいずれを食しても健康に害は及ばないと言われる[1]が、一方である個体の肝臓から毒が検出されたこともある。[2]

人間との関わり[編集]

食用として漁獲されるが、獲れる量は少ない。釣りにおいては、針に釣られると海水を吸い込むために釣るのに難儀するわりに、味がさほど良くないので釣り人には嫌われる傾向にあるという。

脚注[編集]

  1. ^ フグの衛生確保について(厚生労働省)
  2. ^ 沖縄近海産フグの毒性調査 (沖縄県衛生環境研究所報第40号)

参考文献[編集]

  • 望月賢二監修、魚類分化研究会編纂『魚と貝の事典』(柏書房) 426ページ