ヨハン1世 (プファルツ=ジンメルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン1世(Johann I, 1459年5月15日 - 1509年1月27日)は、プファルツ=ジンメルン公。プファルツ=ジンメルン公フリードリヒ1世ゲルデルンアルノルトの娘マルガレータの長男。

1480年の父の死により相続した。1509年に死去、息子のヨハン2世が後を継いだ。

1482年にナッサウ=ザールブリュッケン伯ヨハン2世の娘ヨハンナと結婚、3人の子を儲けた。

  1. フリードリヒ(1490年)
  2. ヨハン2世(1492年 - 1557年)
  3. フリードリヒ(1494年 - ?) - シュトラスブルク司教座聖堂司祭長
先代:
フリードリヒ1世
プファルツ=ジンメルン公
1480年 - 1509年
次代:
ヨハン2世