ヨハン・ロシュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ヨーゼフ・ロシュミット

ヨハン・ヨーゼフ・ロシュミットJohann Josef Loschmidt1821年3月15日 カールスバート近郊プチルン Putschirn(現チェコポチェルニ Počerny)- 1895年7月8日)は、オーストリア化学者物理学者である。1872年からウィーン大学で物理化学の教授を務めた。研究分野は熱力学電気力学光学結晶におよぶ。

ロシュミットは、1856年気体分子の大きさを求めた。1861年ベンゼンの構造を有名なケクレに先駆けて発見した。

1865年アボガドロ定数の計算を行ったので、ドイツ語圏の国では、現在もアボガドロ数をロシュミット数と呼ぶことがある。または0℃、1気圧の1cm3の体積に含まれる分子の数をロシュミット数(NL=2.6869×1019個/1cm3と呼ぶ。