ヨハン・ルートヴィヒ・クリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昆虫学の著書の扉

ヨハン・ルートヴィヒ・クリスト(Johann Ludwig Christ、1739年10月18日 - 1813年11月18日)はドイツの牧師、果樹研究家、昆虫学者である。

生涯[編集]

エーリンゲンにて、王室の書記の息子として生まれた。チュービンゲンエルランゲンアルトドルフ・バイ・ニュルンベルク神学だけでなく、数理科学も学んだ。説教者として、彼は1764年からフランクフルトのベルゲン地区、1767年から現在のリュディクハイム(現在のノイベルク)、1776年からロドハイム(現在のロスバッハ・フォン・デア・ヘーヘの一地区)、1786年からクロンベルク・イン・タウヌスのルター派の牧師として働いた。

神職者として働く傍ら、果樹栽培や養蜂などの農業の分野の研究と実践を行った。クロンベルクで、小規模農民の訓練を組織し、『果樹栽培法』("Vollständige Pomologie")なと果樹に関する多くの書物を執筆した。著書は好評を博し、果樹園芸学(pomology)の標準的なテキストとなり、クライストは「果物牧師」と呼ばれることになった。

昆虫学の分野では、ハチの研究を行い、『ミツバチとハチとアリの自然誌、分類、命名法』("Naturgeschichte, Klassifikation und Nomenklatur der Insekten vom Bienen, Wespen und Ameisengeschlecht")を著した。

著書[編集]

  • Anweisung zur nützlichen und angenehmen Bienenzucht für alle Gegenden, 1783
  • Bienenkatechismus für das Landvolk, 1784
  • Güldenes ABC-Buch für die Bauern, 1787
  • Genaue und deutliche Beschreibung des vorzüglichsten Dörrofens mit zirkulirenden Rauchgängen, nach Zoll und Werkschuen des Rheinländischen Maasstabs, ca. 1790.
  • Naturgeschichte, Klassification und Nomenclatur der Insekten vom Bienen, Wespen und Ameisengeschlecht, 1791
  • Der Baumgärtner auf dem Dorfe, 1792
  • Handbuch der Obstbauzucht und Obstlehre, 1794
  • Pomologisches praktisches Handwörterbuch, 1802
  • Allgemeines theoretisch-praktisches Wörterbuch über die Bienenkenntnis und Bienenzucht, 1805
  • Vollständige Pomologie, 1809–12
  • Allgemeines praktisches Gartenhandbuch über den Küchen- und Gartenbau, 1813

参考文献[編集]

  • Helmut Bode: Johann Ludwig Christ. Pfarrer, Naturforscher, Ökonom, Bienenzüchter und Pomologe 1739-1813. Frankfurt am Main 1984, ISBN 3782902912