ヨハン・ヨハンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヨハンで呼ばれます。

ヨハン・ヨハンソン(Jóhann Jóhannsson, 1969年 - )とは、アイスランド出身の作曲家で鍵盤楽器奏者である。1980年代後半から音楽活動をはじめた。いくつかのバンドに加入しては解散を繰返していたが、テレビや映画、演劇への曲提供に活躍の場を見出した。そして、2002年の自身はじめてのアルバム、Englabörnは好評を持って迎えられた。1999年から、アイスランド、レイキャビクにある芸術家集団兼レーベル、キッチン・モーターズを、キラ・キラヒルマル・イェンソンと共同で主宰している。自らが、同じく1999年からはじめた四人のオルガン奏者と一人のドラム奏者によるロックバンド、アパラット・オルガン・カルテットのリーダーも務める。2006年、イギリスのレーベル、Touch から、同じくイギリスの4AD に移籍し、IBM 1401, A User's Manual をリリースした。

作り出す曲は、映画音楽からコンテンポラリー・ダンスとのコラボレーションまで幅広い。そのジャンルも、初期はパンク・ロック、またポストクラシカルエレクトロニカと、さまざまである。マックス・リヒター(Max Richter)とともにポストクラシカルの代表的アーティストとして紹介されることが多い。

作品一覧[編集]

アルバム[編集]

  • EnglabörnTouch, 2002年)
  • Virðulegu Forsetar(Touch, 2004年)
  • Dís12トナー, 2004年)
  • IBM 1401, A User's Manual4AD, 2006年)
  • Englabörn(リイシュー、4AD, 2007年)
  • Fordlândia (4AD, 2008年)

シングル[編集]

  • The Sun’s Gone Dim And The Sky’s Turned Black(4AD, 2006年)

映画音楽[編集]

外部リンク[編集]