ヨハン・フリードリヒ (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・フリードリヒ
クラナッハ作(1531年)

ヨハン・フリードリヒ(1世)(Johann Friedrich (I.), 1503年6月30日 - 1554年3月3日)は、ザクセン選帝侯(在位:1532年 - 1547年)。ヴェッティン家エルンスト系のザクセン選帝侯ヨハンの長男。寛容公(der Toleranze)とも呼ばれる。

マルティン・ルターと友好関係にあり、ヘッセン方伯フィリップと共にシュマルカルデン同盟の盟主となった。しかし、1546年のシュマルカルデン戦争を経て、1547年に神聖ローマ皇帝カール5世ミュールベルクの戦いで敗れて選帝侯位と所領を奪われ、又従弟でヴェッティン家の別系統(アルブレヒト系)に属するモーリッツに与えられた。

しかし、モーリッツの勢力拡大を恐れたカール5世は、ヨハン・フリードリヒの子息たちにテューリンゲンの各地の方伯として領土を与えて、ヴェッティン家の統一を阻んだのである。

家族[編集]

1527年にユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヨハン3世の娘ジビュレと結婚し、4男をもうけた。

関連項目[編集]

先代:
ヨハン
ザクセン選帝侯
1532年 - 1547年
次代:
モーリッツ
先代:
ヨハン
ザクセン公
エルンスト系
1532年 - 1554年
次代:
ヨハン・フリードリヒ2世