ヨハン・フリードリヒ・オーベルリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・フリードリヒ・オーベルリーン

ヨハン・フリードリヒ・オーベルリーン(Johann Friedrich Oberlin、1740年8月31日ストラスブール - 1826年6月1日ヴァルダースバッハ)は、アルザス出身の牧師、慈善家、社会活動家。

生涯[編集]

農業開発と児童学校の創設[編集]

ルター派ギムナジウムの教師ヨハン・ゲオルク・オーベルリーン(Johann Georg Oberlin 1701年-1770年)と、その妻マリア・マクダレーナ(Maria Magdalena 1718年-1787年)の子供としてストラスブールに生まれる。故郷の町で神学を学んだ彼は1763年博士号を取得し、1766年ヴァルダースバッハfr:Waldersbach)の牧師となった。当時のヴァルダースバッハは低開発の谷間の土地であったが、オーベルリーンはこの地の果樹栽培や農業生産を改善し、道路橋梁を作り、友人のヨハン・ルーカス・レグラント(de:Johann Lukas Legrand)の援助を受けて工場会社を多数設立してこの地区の開発を進めた。

また彼の主導で児童学校が建てられ、彼の女中であったルイーゼ・シェップラー(de:Louise Scheppler)がその指導に当たった。オーベルリーンの教育理念は「子供に対しては厳しすぎず、常に優しい好意を持って、しかし侮ることなしに(Erzieht eure Kinder ohne zuviel Strenge ... mit andauernder zarter Güte, jedoch ohne Spott.)」というものであった。彼は農業生産者のために協会を作り、近代的な農法の指導も行なった。彼の社会事業は女性の就業への道を切り拓くものでもあった。

オーベルリーンがヴァルダースバッハにやってきたとき、5つの村に生活に困った80から100の家族が住んでいるだけだったが、19世紀の始めには3000人が生活できるようになっていた。オーベルリーンの出合った最も大きな試練は、1816年の飢饉(夏のない年)であった。オーベルリーンは死去後、ウアバッハ(現・フデ/fr:Fouday)に埋葬された。

レンツの滞在記録[編集]

1778年1月20日から2月8日にかけて、オーベルリーンの元に統合失調症にかかっていた作家ヤーコプ・ミヒャエル・ラインホルト・レンツが滞在した。オーベルリーンは彼の様子を詳細に手記に書きとめ、後にこの手記をもとにしてゲオルク・ビューヒナーが中編小説『レンツ』を執筆している。

オーベルリーンにちなむ学校[編集]

1833年にアメリカのオハイオ州に、オーベルリーンの名にちなんだオベリン大学が建てられ、町にも彼の名前が付けられた(英語では彼の名はジョン・フレデリック・オーバリン John Frederic Oberlin と表記される)。東京桜美林大学の名もこの大学に倣って付けられている。またバベルスベルクでは1871年よりオーベルリーン協会が整形病院とその付属学校からなるオーベルリーンハウスを運営している。ミュンヘンパージングde:Pasing)にはフリードリヒ・オーベルリーン基金によって創設されたフリードリヒ・オーベルリーン上級専門学校がある。