ヨハン・バプティスト・クラーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・バプティスト・クラーマー (Johann Baptist Cramer 1771年2月24日マンハイム生 - 1858年4月16日ケンジントン没) はピアニスト作曲家

クラーマーは彼の時代の最も有名なピアニストの一人で、それに加えてピアノ教育家としても有名であった。イギリスのヴィクトリア女王は彼の出現に熱狂した。弟子のジョルジュ・オンスローはのちに作曲家となった。

生涯[編集]

クラーマーは3歳のときに両親と共にロンドンに移住した。父親のヴィルヘルム(de:Johann Wilhelm Cramer)は有名なヴァイオリニストだった。1782年から1784までクレメンティにピアノの指導を受けた。

大陸ヨーロッパ演奏旅行 (1788年-1790年と1799年-1800年)のうち、2度目のドイツとオーストリアへの旅行ではベートーヴェンとも知り合った。

クラーマーはロンドンでピアノ製造と音楽出版の企業家としても成功した。このピアノブランドは今日もなお存在し、極東では人気がある。1824年にクラーマーはアディソンとビーグルを共同経営者として音楽出版社を始め、これもまたJ.B.Cramer & Co.Ltd.の名で今日なお存在する。クラーマーはロンドン・フィルハーモニック協会の共同設立者でもあった。

「実際的ピアノ技法大集」(1815年)の第5巻としても出版された84の練習曲作品50は今日なお重要で、ピアノ教育に欠かすことのできないものである。この曲集はハンス・フォン・ビューローによって改訂された(「クラーマー=ビューロー練習曲」)。

クラーマーのピアノ作品の一部はかなり簡潔な構造で書かれているが、しかしそれは多くのアマチュアに「本物のクラーマー」を提供できるようにと、クラーマーが自身の出版社のために書いた作品に関してのことである。彼の完全に通用する作品はまず第一にクラーマー自身のために創作されたものである。これらは様式的にはフンメルとベートーヴェンの間に位置し、高度に技巧的なものである。

主要作品[編集]

ピアノ曲[編集]

ピアノソナタ

  • パロディ La Parodie 作品43 (1810)
  • 究極 L`Ultima 作品53 (1815)
  • 3つのソナタ「連続 Les Suivantes」 作品57 - 作品59 (1817-1818)
  • ロンドンへの帰還 Le Retour a Londres 作品62 (1818)
  • 友情 L`Amicitia 作品64 (1825)

ピアノと管弦楽のための作品[編集]

  • ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調 作品10 (1795)
  • ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 作品16 (1797)
  • ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 作品26 (1802)
  • ピアノ協奏曲第4番 ハ長調 作品38 (1807)
  • ピアノ協奏曲第5番 ハ短調 作品48 (1813)
  • ピアノ協奏曲第6番 変ホ長調 作品51 (1815)
  • ピアノ協奏曲第7番 ホ長調 作品56 (1817)
  • ピアノ協奏曲第8番 ニ短調 作品70 (1825)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]