ヨハン・ハインリッヒ・ランベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ハインリッヒ・ランベルト
人物情報
生誕 1728年8月26日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ミュルーズ
死没 1777年9月25日
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svg プロイセン王国 ブランデンブルク辺境伯ベルリン
学問
研究分野 数学物理学化学天文学
主な業績 円周率無理数であることを証明
ランベルト-ベールの法則の発見
テンプレートを表示

ヨハン・ハインリッヒ・ランベルト(Johann Heinrich Lambert、1728年8月26日 - 1777年9月25日)は、ドイツ数学者物理学者化学者天文学者哲学者地図の図法(ランベルト正積方位図法ランベルト正角円錐図法など)を考案した事や、円周率無理数である証明をした事などで知られる。 主著に『新オルガノン』など[1]

功績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤本忠『ランベルトの「学的認識」について : 『新オルガノン』を中心に』
  2. ^ [1] (PDF)
  3. ^ [2] (PDF)
  4. ^ [3] (PDF)
  5. ^ [4] (PDF)
  6. ^ [5] (PDF) ,[6] (PDF)

関連項目[編集]

参考文献・外部リンク[編集]