ヨハン・ハインリッヒ・シュルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Johann Heinrich Schulze

ヨハン・ハインリッヒ・シュルツ(Johann Heinrich Schulze、1687年5月12日 - 1744年10月10日)は、現在のザクセン=アンハルト州コルビッツ (Colbitz) に生まれ、ハレで没した、ドイツの博学者塩化銀の感光性を発見した人物である。シュルツは、アカデミア・フリデリキアナ・ハレンシス(ラテン語: Academia Fridericiana Halensis、「ハレのフリードリヒの学院」の意)と称されたハレ大学(現在のマルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルクの前身のひとつ)の草創期における、最も優れた科学者の一人であった。

生涯[編集]

ヨハン・ハインリッヒ・シュルツは、1687年5月12日に、コルビッツで仕立屋の息子として生まれた。シュルツは幼くして片親を失くし、アウグスト・ヘルマン・フランケ (August Hermann Francke) の孤児院で、1697年から1704年まで教育を受けた。1704年から1717年まで、ハレ大学で医学化学哲学神学を学んだ。

1720年から1732年まで、シュルツはアルトドルフ大学 (Universität Altdorf) の教授となり、その後1744年まではハレ大学教授を務めた。ハレ大学においては、古代学 (Altertümer) の教授であったが、やがて、これに加えて医学部の教授陣にも加わることになった。これは、数年間待った末に実現したものであった。シュルツの最も重要な業績は、医学史を基礎を築いたことであった。シュルツは古代の著者たちの文章を用いて講義していたが、その学生たちの中には(後に美術史家となった)ヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマンもいた。シュルツはまた、18世紀を代表する貨幣学の研究者であったとも考えられている。シュルツは自らの収集品を、学術教育にも用いていた。シュルツの収集品は、ハレ大学(マルティン・ルター大学ハレ)の考古学研究所に保存されている。

1719年、シュルツは、ヨハンナ・ソフィー・コルヴィヌス (Johanna Sophie Corvinus) と、コルビッツで結婚した。ヨハン・ルードヴィッヒ・シュルツJohann Ludwig Schulze1734年 - 1799年文献学者神学者)は、シュルツの息子である。シュルツは、1744年10月10日にハレで没した。

ハレの彫刻家ハイジ・ヴァグナー・ケルコフ (Heidi Wagner-Kerkhof) は、1983年にシュルツの記念メダルを制作した[1]

塩化銀の感光性を発見[編集]

シュルツは、陽のあたる窓枠に置いていたガラス瓶に入れた硝酸が。変色していることに気付いた。その硝酸は、既に使用済みのもので、硝酸銀が含まれていた。シュルツは、実験によって変色の原因を見つけようとした。この反応が、太陽の光によって生じたものなのか、熱によって生じたものなのかは、はっきりしていなかった。1717年、シュルツは、硝酸銀をで加熱しても黒く変色はしないことを突き止めた。熱は変色の原因ではないことが分かったのである。そこで、硝酸銀の入ったガラス瓶の一部を不透明な素材で覆って日光に晒して、しばらくすると、覆われていないところだけが変色していた。覆われていた部分には変化は起こっていなかった。シュルツは、こうした実験によって、塩化銀の感光性を明らかにした。

1719年、シュルツはこの研究結果を『Bibliotheca Novissima Oberservationum ac Recensionum』誌上に、論文「Scotophorus pro phosphoro inventus, seu experimentum curiosum de effectu radiorum solarium(光の運び手のための闇の運び手の発見、あるいは、太陽光の興味深い効果についての実験)」と題して公表した。この論文は、1727年に同じ題目でドイツ国立学術アカデミー・レオポルディーナ (Deutsche Akademie der Naturforscher Leopoldina) の『Acta physico-medica』誌にも転載された。1913年にシュルツの発見の重要性を指摘したヨゼフ・マリア・エーダー (Josef Maria Eder) は、転載の方しか知らなかった。

著作[編集]

  • Scotophorus pro phosphoro inventus: seu experimentum curiosum de effectu radiorum solarium. In: Bibliotheca Novissima observationum et recensionum. Ed. J. Chr. Franck, Sectio V, Nr. VII. Halae Magdeburgicae 1719, S. 234–240
  • Scotophorus pro phosphoro inventus, seu experimentum curiosum de effectu radiorum solarium. In: Acta physico-medica, Leopoldina Band 1, 1727, S. 528-532
  • Historia medicinae. A rerum initio ad annum urbis Romae DXXXV deducta ; acced. tabulae aeneae, chronologica et indices copiosi / studio Io. Monath, Lipsiae 1728
  • Johann Heinrich Schultzens Abhandlung von der Stein-Chur durch innerliche Artzeneyen überhaupt und insonderheit von der neulich bekannt gewordenen Englischen. Franckfurt 1740 (デジタル版 - Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf)
  • Joh. Heinr. Schulzens chemische Versuche. Waysenhaus, Halle 1745 (デジタル版)

文献[編集]

  • Julius Leopold PagelSchulze, Johann Heinrich. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 33, Duncker & Humblot, Leipzig 1891, S. 4 f.
  • Hans-Dieter Zimmermann: Schulze, Johann Heinrich. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 23, Duncker & Humblot, Berlin 2007, S. 725 f. (Onlinefassung).
  • Josef Maria Eder: Quellenschriften zu den frühesten Anfängen der Photographie bis zum XVIII. Jahrhundert, Halle a. d. Saale: Knapp 1913, S. 97–104
  • Josef Maria Eder: Johann Heinrich Schulze, K. K. Graphische Lehr- und Versuchsanstalt, Wien 1917
  • Wolfram Kaiser, Arina Völker: Johann Heinrich Schulze (1687 - 1744). Wissenschaftliche Beiträge der Martin-Luther-Universität Halle-Wittenberg 1980/45. Halle (Saale): Abt. Wissenschaftspublizistik der Martin-Luther-Universität 1980

出典・脚注[編集]

  1. ^ Gedächtnismedaille, Medaille Johann Heinrich Schulze, Bronze, gegossen, Durchmesser 93 mm