ヨハン・デ・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハン・デ=メイから転送)
移動: 案内検索
ヨハン・デ・メイ
Johan de Meij
基本情報
出生 1953年11月23日(60歳)
オランダの旗 オランダフォールビュルフオランダ語版
学歴 ハーグ王立音楽院ピアノ科
ジャンル 近代音楽
職業 作曲家指揮者トロンボーン奏者
担当楽器 指揮トロンボーン

ヨハネス・アブラハム(ヨハン)・デ・メイJohannes Abraham (Johan) de Meij, 1953年11月23日 - )は、オランダ作曲家指揮者トロンボーン奏者

来歴[編集]

フォールビュルフオランダ語版に生まれ、ハーグ王立音楽院吹奏楽指揮とトロンボーンを学ぶ。卒業後、オランダ軍軍楽隊のトランペットおよびトロンボーン奏者、アムステルダム・ウィンド・オーケストラのトロンボーンおよびユーフォニアム奏者、アムステルダム・トロンボーン・カルテット奏者として活動する傍ら、音楽のジャンルを問わない編曲活動を行う。デ=メイの実質上初の吹奏楽作品である交響曲第1番「指輪物語」で1989年サドラー国際吹奏楽作曲賞を受賞し、吹奏楽作曲家としてデビュー。その後、吹奏楽編成の作曲活動を中心に、編曲家としても多くの作品を世に送り出している。

主要作品[編集]

吹奏楽作品[編集]

ブラスバンド作品[編集]

  • エクストリーム・メイクオーヴァー 〜チャイコフスキーの主題による変容〜

ブラスアンサンブル作品[編集]

  • パッチワーク
  • 祝典ファンファーレ

管弦楽作品[編集]

  • 交響曲第2番「ビッグ・アップル (ニューヨーク シンフォニー)」
  • 交響曲第3番「プラネット・アース」
  • クレツマー・クラシックス

編曲作品[編集]

作品解説[編集]

ここに挙げる楽曲は、交響曲ということで、その編成の規模の大きさ、楽曲の難易度の高さ、演奏時間の長さ等々の理由から、日本国内においては、全楽章を演奏会で取り上げる例は多いとは言い難い。但し、アマチュア団体が演奏会やコンクール等で、一部の楽章を取り上げる(各楽章からの抜粋含む)例は存在する。また、そうした声を反映して、難易度を下げたハイライト版の編曲譜(デ=メイ本人によるものではない)も存在する。

交響曲第1番「指輪物語」[編集]

交響曲第1番「指輪物語」(The Lord of the Rings)は、イギリスの作家 J・R・R・トールキンのファンタジー作品『指輪物語』に着想を得た、『旅の仲間』がモチーフの5楽章構成の吹奏楽編成の交響曲である。1988年作曲。演奏時間は、およそ40分。1989年に、ヨーロッパの作曲家による作品としては初となるサドラー国際吹奏楽作曲コンペティション(サドラー賞と略称される)で1等を獲得している。人気や評価の高いオーケストラ作品では、一つの作品に対して 様々な指揮者・オーケストラによるCDがリリースされるが、それと同様に、世界の主要な吹奏楽団による演奏のCDがリリースされている。また、曲は吹奏楽がオリジナルの編成であるが、2001年には、ヘンク・デ・フリーヘル(Henk de Vlieger)によって管弦楽編成への編曲がなされ、ロンドン交響楽団の演奏によるCDが発売された。

  1. 魔法使い"ガンダルフ"
  2. エルフの森"ロスロリアン"
  3. ゴクリ(スメアゴル)
  4. 暗闇の旅 (a. モリアの坑道、 b. カザド=ドゥムの橋)
  5. ホビットたち

交響曲第2番「ビッグ・アップル」[編集]

交響曲第2番「ビッグ・アップル」は、アメリカ合衆国の都市・ニューヨークの光景を描いた2楽章構成の吹奏楽編成の交響曲である。1楽章と2楽章の間に「タイムズ・スクウェア・カデンツァ」という"つなぎ"の部分があるが、これがこの楽曲の特徴の一つとも言える。これには、作曲者デ=メイ自身が、ニューヨークの街中で録音したという「喧騒」が効果音として用いられる(フルスコアにCDで付いている)。尚、楽曲は、全体で30分を超える演奏時間であるが、特に高音金管楽器群は 速いパッセージの連続したハイトーンを要求されるなど、超絶技巧に近い演奏技術と、吹きこなせるだけの体力を求められる難曲・大曲であると言える。この曲も、交響曲第1番「指輪物語」と同様、管弦楽版への編曲がなされ、CDが発売されている。

  1. スカイライン(Skyline)
    • タイムズ・スクウェア・カデンツァ(Interlude)
  2. ゴーサム(Gotham)

交響曲第3番「プラネット・アース」[編集]

交響曲第3番「プラネット・アース」は、"惑星地球"をテーマに描いた3楽章構成の管弦楽編成の交響曲である。演奏時間は約50分。北オランダ管弦楽団のアーティスティックマネージャーの委嘱により作曲され、2006年3月2日に オランダ・ロッテルダムにおいて 同団の演奏により世界初演。この交響曲は、前2作とは異なり、管弦楽のための楽曲として作られた。尚、吹奏楽版は大阪市音楽団の第94回定期演奏会にて作曲者自身の指揮によって本邦初演された。SE(効果音)が多く用いられ、壮大な楽曲に仕上がっている。第1、第3楽章には女声合唱も加わる。吹奏楽版は2006年のコルチャーノ国際吹奏楽作曲コンクールで2位を獲得した。

  1. ロンリー・プラネット【主にSEが主役の楽章 約17分】
  2. プラネット・アース【始めのホルンのソロを筆頭に管弦楽が主役 約17分】
  3. マザー・アース【SEと管弦楽と合唱が加わり終わる 約17分】

外部リンク[編集]