ヨハン・ツィーツェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ツィーツェロ
ヨハン・ツィーツェロ
ヨハン・ツィーツェロと妃マルガレーテ

ヨハン・ツィーツェロ(Johann Cicero, 1455年8月2日 - 1499年1月9日)は、ブランデンブルク選帝侯(在位:1486年 - 1499年)。アルブレヒト・アヒレスバーデン辺境伯ヤーコプ1世の娘マルガレーテの子。アンスバッハクルムバッハ辺境伯フリードリヒ5世、クルムバッハ辺境伯ジークムントの兄。ツィーツェロの添え名(コグノーメン)は古代ローマキケロにちなんだもので、ヨハンの死後に付けられている。

1476年テューリンゲン方伯ヴィルヘルム3世の娘マルガレーテと結婚、6人の子を儲けた。

先代:
アルブレヒト・アヒレス
ブランデンブルク選帝侯
1486年 - 1499年
次代:
ヨアヒム1世