ヨハン・ショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ショップ

ヨハン・ショップ(Johann Schop, 1590年頃 - 1667年)は、ドイツ作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

ハンブルク出身。1614年ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯の宮廷楽団の楽士となり、ヴァイオリンリュートトランペットツィンクを担当した。1615年コペンハーゲンクリスチャン4世の宮廷に移ったが、1619年に疫病の流行によりハンブルクに戻った。ハンブルクでは市の音楽監督を務め、さらに聖ヤコビ教会のオルガニストも兼ねた。

1634年デンマークのクリスチャン王太子の結婚式のためハインリヒ・シュッツとともにコペンハーゲンを訪問し、演奏を披露した。クリスチャン4世は彼をコペンハーゲンに引きとどめようとしたが失敗に終わった。

ヴァイオリンの名手として知られ、その名声はハンブルクを越えて知られていた。4声から6声のヴァイオリン音楽を出版し、そのうちいくつかはヴェストファーレン条約締結の祝典で演奏された。

ハンブルクで死去。

作品[編集]

器楽曲の他に、モテット作曲した。彼が1641年に作曲した『心をはずませ』のメロディーは、後にヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータ心と口と行いと生活で』の「イエスこそわが喜び(主よ、人の望みの喜びよ)」で引用されている。

文献[編集]

  • Boyden, David Dodge (1990), The History of Violin Playing from Its Origins to 1761, Oxford University Press, ISBN 0198161832 
  • Arnold, Denis (1983), The New Oxford Companion to Music, Oxford University Press, ISBN 0193113163 

外部リンク[編集]