ヨハン・クリストフ・ペツェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・クリストフ・ペツェル(Johann Christoph Pezel, 1639年12月5日 - 1694年10月13日)は、ドイツの作曲家、ヴァイオリニストトランペット奏者。

生涯[編集]

グラーツ(現在のポーランド領クオーツコ)出身。1664年からライプツィヒ市にヴァイオリニストとして雇われ、1669年に都市楽師に昇格し、1672年にはコレギウム・ムジクムを創設した。しかし1675年1679年ドレスデン市の音楽監督の募集に応募したものの採用されず、1677年にはライプツィヒのトーマスカントル就任にも失敗した。最終的に1681年バウツェンの都市楽師に就任した。

音楽[編集]

作品は器楽曲が中心で多くの曲集を残していおり、楽器と管弦楽法の発展に影響を与えた。形式はドイツの組曲の伝統を受け継いでおり、作風はイタリア様式とフランス様式の影響を受けている。

文献[編集]

  • Grove's Dictionary of Music and Musicians vol. VI (1954)

外部リンク[編集]