ヨハン・クリストフ・ペツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・クリストフ・ペツ(Johann Christoph Pez, 1664年9月9日 - 1716年9月25日)は、ドイツ作曲家

生涯[編集]

ミュンヘン出身。1676年から聖ペテロ教会の聖歌隊に所属していた。1688年バイエルン選帝侯マクシミリアン・エマヌエルの宮廷で働き、ローマアルカンジェロ・コレッリに学ぶ機会を与えられた。1694年からケルン選帝侯ヨーゼフ・クレメンス・フォン・バイエルンボンの礼拝堂楽団で働き、翌年にカペルマイスターに就任した。1701年にミュンヘンに戻り、宮廷礼拝堂で5年間活動した。1706年からヴュルテンベルクエーバーハルト・ルートヴィヒの上級カペルマイスターに就任した。彼の在任中に宮廷礼拝堂楽団は大幅に規模を拡大した[1]。現職のままシュトゥットガルトで死去した。

作品[編集]

多くの同時代人と同様、フランスの影響を受け、ジャン=バティスト・リュリの模倣者の一人であった。今日ではほとんど忘れられているが、1730年ゲオルク・フィリップ・テレマンが書いた詩ではゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルと並び称されている。

脚注[編集]

  1. ^ Owens, Samantha, "Professional women musicians in early eighteenth-century Württemberg," Music and Letters 2001 82(1):32–50, page 32.

外部リンク[編集]