ヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・カスパール・フェルディナント・フィッシャーJohann Caspar Ferdinand Fischer, 1656年 - 1746年8月27日)はドイツ盛期バロック音楽の作曲家。どうやらボヘミア系であったらしいが、生涯については大まかなことしか分かっていない。最初の作品は1682年に出版され、1690年までにはザクセン=ラウエンブルク公宮廷楽長となっていた。ついで1695年までにバーデン=バーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルムの宮廷楽長になり、ラシュタットにて没するまでその地位にあった。

フィッシャーの作品のほとんどは、たとえば管弦楽組曲《春の日誌Le journal du printems 》(1695年)が示しているように、ジャン=バティスト・リュリによって実現されたフランスバロック音楽の影響を示している。20曲の前奏曲とフーガおよび5曲のリチェルカーレからなるオルガン曲集《アリアドネー・ムジカAriadne musica 》は、19の調性とホ調のフリギア旋法が使われており、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの《平均律クラヴィーア曲集》の重要な先駆的作品とみなされている(バッハは概してフィッシャー作品になじみがあったようだが、この特殊な作品集を知っていたかどうかははっきりしない)。

文献[編集]

外部リンク[編集]