ヨハンネス・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルン・ウント・タクシス侯爵ヨハンネスと侯爵夫人グロリア

ヨハンネス・プリンツ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスドイツ語:Johannes Baptista de Jesus Maria Louis Miguel Friedrich Bonifazius Lamoral Prinz von Thurn und Taxis, 1926年6月5日 レーゲンスブルク - 1990年12月14日 ミュンヘン)は、ドイツの実業家、トゥルン・ウント・タクシス侯爵家家長(1982年 - 1990年)。

トゥルン・ウント・タクシス家家長カール・アウグストと、ポルトガル王位請求者ミゲルの娘マリア・アンナの間の長男として生まれ、1982年に父より家長の座を継いだ。

1980年、ヨハンネスは34歳も年下の貧窮貴族の娘であるシェーンブルク=グラウハウ伯爵夫人グロリアと結婚したが、これと前後してトゥルン・ウント・タクシス家はマスメディアの注目を浴び始めた。侯爵夫妻の乱脈なジェットセット族タイプのライフスタイルや、若い侯爵夫人グロリアの派手なファッションセンスが過剰な報道対象となったのである。ヨハンネスはバイセクシュアルであり、1970年代にはジェットセット族のパーティに顔を出す一方でゲイの集まるディスコに足繁く通っていた。

子女[編集]

妻グロリアとのあいだに一男二女をもうけた。

  • マリア・テレジア(1980年 - )
  • エリーザベト(1982年 - )
  • アルベルト(2世)(1983年 - )トゥルン・ウント・タクシス家家長
先代:
カール・アウグスト
トゥルン・ウント・タクシス家家長
1982年 - 1990年
次代:
アルベルト(2世)