ヨハンナ・シャルロッテ・フォン・アンハルト=デッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハンナ・シャルロッテ

ヨハンナ・シャルロッテ・フォン・アンハルト=デッサウJohanna Charlotte von Anhalt-Dessau, 1682年4月6日 デッサウ - 1750年3月31日 ヘルフォルト)は、ドイツアンハト=デッサウ家の侯女で、ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フィリップ・ヴィルヘルムの妻。

アンハルト=デッサウ侯ヨハン・ゲオルク2世と、その妻でオランダ総督・オラニエ公フレデリック・ヘンドリックの娘であるヘンリエッテ・カタリーナの間の末娘として生まれ、両親に大切にかしずかれて育った。

1699年1月25日にオラニエンバウムで、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世(後のプロイセン王)の異母弟であるブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フィリップ・ヴィルヘルムと結婚した。辺境伯夫妻はベルリンに居館を所有していたにもかかわらず、シュヴェート(現在のブランデンブルク州シュヴェート/オーダー)の所領で暮らした。1711年に若くして夫と死別するとベルリンに移り、子供たちの養育に専念した。

1729年、ヨハンナは帝国修道院の一つで、ブランデンブルク=プロイセンの保護下に置かれていたヘルフォルト女子修道院Stift Herford)の修道院長に就任した。しかし最初の頃はブーフホルツに暮らしており、ヘルフォルトに移ったのは1735年になってからであった。1750年に死去し、遺骸はヘルフォルト修道院内の教会のドームに安置された。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Johann Samuel Ersch: Allgemeine encyclopädie der wissenschaften und künste in alphabetischer folge, 2. Sektion, 21. Teil, Leipzig, 1842, S. 477 f.