ヨハンナ・キンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハンナ・キンケル

ヨハンナ・キンケルJohanna Kinkel, 1810年7月8日 ボン - 1858年11月15日 ロンドン)はドイツ作曲家ピアニスト・合唱指揮者・ 音楽教師・ジャーナリスト作家歴史家革命家

人物[編集]

ドイツの詩人でリベラリストのゴットフリート・キンケルと再婚するが、ドイツ1848年革命の挫折の後に、イギリス亡命せざるを得なくなる。1858年に謎の転落死を遂げる。自殺の可能性が疑われたが、自殺に至る動機がなかった。

墓碑銘にはドイツ語で「自由、愛、そして詩 Freiheit, Liebe und Dichtung 」と刻まれた。自伝小説『ロンドンのハンス・イベレス』は死後出版された。残された楽曲はほとんどがリートである。