ヨハネス・リュードベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Johannes Rydberg

ヨハネス・リュードベリJohannes Rydberg、愛称はヤンネ Janne1854年11月8日 - 1919年12月28日)は、スウェーデン物理学者分光学に関するリュードベリの式で知られる。

スウェーデンのハルムスタードに生まれた。ルンド大学で数学を学んだ。ルンド大学で数学の講師になったが、1882年物理学の講師になり、1901年教授になり、1914年に病気で教授職を継続できなくなった1919年までルンド大学の教授職にあった。シーグバーンは彼の弟子である。1919年にロンドン王立協会の外国人会員に選出されている[1]

リュードベリの業績は1890年に励起された原子スペクトルの波長が整数の組み合わせの式で表されることを示したことである。

 {1 \over \lambda} =  R \left( {1 \over {n^2}} - {1 \over {m^2}} \right)

ここで係数Rがリュードベリ定数。λは(線スペクトル)の波長、n,mは適当な整数である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rydberg; Janne Robert (1854 - 1919)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年6月15日閲覧。

関連項目[編集]