ヨハネスブルグ日本人学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯26度9分1.1秒 東経28度0分0.9秒

ヨハネスブルグ日本人学校
The Japanese School of Johannesburg
国公私立の別 私立学校
設置者 南アフリカ日本人会
設立年月日 1966年(昭和41年)8月31日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ
12-20 Caledon Road, Emmarentia Johannesburg,
2195 Republic of SOUTH AFRICA
外部リンク 公式サイト

ヨハネスブルグ日本人学校(ヨハネスブルグにほんじんがっこう、The Japanese School of Johannesburg、JSJ)は、南アフリカヨハネスブルグにある、日本人学校。小学部と中学部を有する、南アフリカ日本人会の運営する学校である[1]。南アフリカでは私立学校として登録されている[1]

2008年(平成20年)3月現在、小学部に38名、中学部に10名が在籍し、文部科学省派遣教員10名と現地採用スタッフ6名により支えられている[1]

沿革[編集]

1966年(昭和41年)8月31日に開校し、世界の日本人学校の中でも長い歴史を持つ全日制日本人学校である[1]1975年(昭和50年)に日本国の在外教育施設として認定を受け、日本の義務教育である中学校と同等な教育課程を有している[1]

安全対策[編集]

南アフリカでは、日本では想定されないような事件事故が発生するため、児童・生徒の安全対策が随所に見られる[2]。ハード面の対策としては、電流の流れるフェンスを校地に巡らせ、校舎にはバーグラバー(鉄格子)を設置、児童・生徒はスクールバスによる通学にする、といったことが挙げられる[2]。ソフト面では、警備員の24時間配備、避難訓練の年5回実施、バスジャック対策・不審者侵入時対策・学校周辺での暴動発生時の対策などが行われている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 河原(2008):4ページ
  2. ^ a b 河原(2008):6ページ
  3. ^ 河原(2008):6 - 7ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]