ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルブリッヒ
セセッション館
結婚記念塔

ヨゼフ・マリア・オルブリッヒ(Joseph Maria Olbrich、1867年12月22日 トロッパウ1908年8月8日)は、19世紀末から20世紀始めに活躍したオーストリア建築家

生涯[編集]

ウィーン美術学校オットー・ワーグナーに建築を学び、ワーグナーの「建築は必要にのみ従う」という近代建築の理念を受け継いだ。

1897年にクリムトが結成したウィーン分離派に参加。展示施設のセセッション館(分離派会館、1898年完成)を設計した。

1899年には、ヘッセン大公であったエルンスト・ルートヴィヒの招聘を受け、総責任者としてダルムシュタット芸術家村「マチルダの丘」の建設に任務に当たった。1901年に開村式が行われ、最初の展覧会が開催された。村内に芸術家の住まいや展示会場などが作られたが、そのほとんどがオルブリッヒが設計したものであった(ベーレンス自邸を除く)。特に大公の結婚を記念して建てられた結婚記念塔(1907年完成)が有名。5本指をモチーフにした特徴的なデザインを持つ。

1907年のドイツ工作連盟創立にも参加している。

ダルムシュタット芸術家村最後の展覧会が開催された1908年、41歳の若さで亡くなった。

主要な作品[編集]

  • 分離派会館(ウィーン、1897–1898)
  • エルンスト・ルートヴィヒ館(ダルムシュタット、1900–1901)
  • 結婚記念塔(ダルムシュタット、1907–1908)
  • レオナルド・ティーツ百貨店(デュッセルドルフ、1907–1909)

関連項目[編集]