ヨジェ・プレチニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨジェ・プレチニックJože Plečnik1872年1月23日 - 1957年1月7日)はスロベニア出身の建築家都市計画家リュブリャーナ生まれ。リュブリャーナの都市計画をはじめ、スロベニア全土に作品が展開され、今日でも見ることが出来る。オットー・ワーグナーの下で働いたのち、ウィーンベオグラードプラハリュブリャナで活動した。

経歴と作品の特徴[編集]

1872年スロベニア(当時オーストリア=ハンガリー帝国)のリュブリャナに生まれた。父親は家具職人で、家業を継ぐべくオーストリア・グラーツのギムナジウム、その後工芸学校に進学するが、そこで新環状道路計画の補助として参画することになる。

1892年、父が亡くなり、ウィーンに移り、かの地で1894年から1897年にかけて分離派の首領オットー・ワーグナーの下で学び、卒業後はワーグナーの主宰する設計事務所で働き、ウィーン分離派とも関わった。 その後ウィーンで数年間建築の室内装飾と家具デザインなどを多く手がける。

1900年に独立。1910年までウィーンで活動し、ツァッヘル・ハウスなどを設計した。1911年から活動場所をプラハに移し、プラハ工芸学校の講師に転進。その後10年間当地でプラハ城と大統領府の修築に関わることにもなる。10年ほど滞在した後、母国のスロベニアに戻った。スロヴェニアでは建築家、都市計画家として母国の首都リュブリャナに多くの作品を残した。後年、その功績を讃えられ、500トラール紙幣の肖像になった。

参考文献[編集]

  • ウィーンの都市と建築―様式の回路を辿る 川向 正人 丸善 1990年

主な仕事[編集]

ツァッヘル・ハウス