ヨシュカル・オラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨシュカル・オラ
Йошкар-Ола
Yoshkar-ola.jpg
国立劇場
Flag of Yoshkar-Ola (Mariy-El).png Coat of Arms of Yoshkar-Ola (Mariy-El) (2005).png
市旗 市章
位置
ロシア内のマリ・エル共和国の位置の位置図
ロシア内のマリ・エル共和国の位置
座標 : 北緯56度38分 東経47度52分 / 北緯56.633度 東経47.867度 / 56.633; 47.867
歴史
建設 1584年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 沿ヴォルガ連邦管区
 行政区画 マリ・エル共和国の旗 マリ・エル共和国
 市 ヨシュカル・オラ
地理
面積  
  市域 100 km2
標高 100 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 248,654人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+4)
郵便番号 424000-424099
市外局番 +7 8362
ナンバープレート 12
公式ウェブサイト : http://i-ola.ru/

ヨシュカル・オラЙошкар-Ола, Yoshkar-Ola)は、ロシア連邦マリ・エル共和国首都。人口は258,200人(2004年)。

ヨシュカル・オラとはマリ語で「赤い町」の意味。

高等教育機関や劇場がある。機械製造、自動車製造などが盛ん。

歴史[編集]

1584年に要塞が建設された。もとはツァリョヴォコクシャイスクЦарёвококшайск, Tsaryovokokshaysk)と呼ばれていた。

プガチョフの乱では、カザンの戦いロシア語版1774年7月)に敗れたプガチョフら残党がツァリョヴォコクシャイスク(ヨシュカル・オラ)に逃げ込んだ。1781年に都市に認定される。

1918年から1920年にかけてのロシア内戦でヨシュカル・オラは白軍の拠点となった。1919年クラスノコクシャイスクКраснококшайск, Krasnokokshaysk)に改称。1927年以降、ヨシュカル・オラに戻される。

1990年にはロシアの歴史都市の一つに認定された。

交通[編集]

鉄道のほか、ヨシュカル・オラ空港がある。

友好都市[編集]

外部リンク[編集]