ヨガ・ニドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨガ・ニドラとは「ヨガの眠り」とも言われている、眠りに近い状態において声によるガイダンス付きで行われるヨガ瞑想です。 ヨガ・ニドラは身体をリラックスした状態にして行います。声のガイダンスに従い、意識をからだのあちこちへ移動させていきながら深い瞑想状態を生み出していくのです。 ヨガ・ニドラは、起きている状態でも眠っている状態でもなく、意識的な深い眠りの状態に達することで、潜在意識が活発になり、その潜在意識に直接働きかけて 行きます。

ヨガ・ニドラでは、最初にサンカルパ(サンスクリット語で「決意」)を唱えます。自分が人生で望んでいることを、現在形でまるで今起こっているかのよ うに唱えます。これがヨガニドラを通じて活発になった潜在意識に対して働くことで、ポジティブな変化を人生にもたらすことができるのです。 ヨガの訓練法は緊張と不安を和らげるために開発されました。頭痛や目眩、肩こり、動悸、発汗、腹痛等の極度の緊張により自動的に引き起こされる症状に有効です。戦争から帰って来た兵士のPTSDの治療にも役立てられてきました。

関連項目[編集]