ヨアン・オーガスト・アルフェドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアン・オーガスト・アルフェドソン
人物情報
生誕 1792年1月12日
スウェーデン
死没 1841年10月28日(満49歳没)
スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 鉱物学、化学
主な業績 リチウムの発見
テンプレートを表示

ヨアン・オーガスト・アルフェドソン(Johan August Arfwedson、1792年1月12日-1841年10月28日)はスウェーデン化学者で、1817年にリチウムを発見した。

アルフェドソンは卸売り商人と工場のオーナーを営む裕福な中産階級の家庭に生まれた。1803年にウプサラ大学に入学し、1809年に法学、1812年に鉱物学を修めた。

ストックホルムで、アルフェドソンはイェンス・ベルセリウスと知り合い、ベルセリウスの私設研究室に通うようになった。1817年、この研究室でペタル石の分析中に、彼はリチウム元素を発見した。1818年から1819年にかけて、彼はヨーロッパ中を旅した。帰国後は自分の研究室を興し、研究に励んだ。

希少鉱物のアルフェドソナイトは、彼の名前にちなんで命名された。