ユール・クリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユール・クリス(Christopher Yule、1975年3月29日 - )は、カナダアルバータ州エドモントン出身のアイスホッケー選手である[1]。現在は日本国籍。日本製紙クレインズ所属。175cm、75kg。ポジションはフォワード。妻はオーストラリア[2]

アルバータ州のジュニアリーグで優勝した[3]

1995年に来日しコクドに入団。同年シーズン、23ゴールをマークし、新人賞を獲得した[2][3]

1997年に日本国籍を取得し、1998年長野五輪にも出場した[2][3]

2000-2001シーズン、レギュラーシーズンに20得点、雪印とのプレイオフ第2戦でハットトリック、第3戦で2ゴール、合計5ゴールをマーク、コクド優勝に貢献しMVPを獲得した[2]

2008-2009シーズンから日本製紙クレインズに移籍した[4]

2011-2012シーズン、アジアリーグアイスホッケー史上歴代最多得点となった[5]

人物[編集]

カナダ時代はチームで小さい選手であったため、スピードやハンドリングを工夫してプレースタイルを確立した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2012年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e 21世紀の骨のあるヤツ 第95回”. ぴあ. 2012年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』237頁 日本アイスホッケー連盟 2001年
  4. ^ ユール・クリス選手にインタビュー!!”. 日本製紙クレインズ (2008年10月7日). 2012年5月28日閲覧。
  5. ^ 「日本製紙クレインズ・中島谷コーチ&ユールクリス選手」”. FMくしろ (2011年11月2日). 2012年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]