ユーリー・アイヘンワリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリー・アイヘンワリド
アイヘンワリドの『ロシア作家シルエット

ユーリー・アイヘンワリド英語:Yuly Isayevich AykhenvaldまたはEichenwaldとも、ロシア語:Ю́лий Иса́евич Айхенва́льд1872年1月24日 - 1928年12月17日)は、ロシアユダヤ系ロシア人批評家である。

1872年1月24日ウクライナen:Balta, Ukraineにてラビ家族に生まれ、オデッサ大学en:Odessa University)に進学する。アルトゥル・ショーペンハウアーに関心を持ち、1895年モスクワに移住した。

アイヘンワリドは印象主義の批評家で、文学に於ける科学的研究否定し、主観的印象であるエッセイ風の批評本『ロシア作家のシルエット』全3巻(1906年 - 1910年)を書いたが、1922年国外追放された。著書には『プーシキン』(1908年)や『西欧作家についてのエチュード』全4巻(1901年 - 1910年)がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]