ユーリ・フェドートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリ・フェドートフ
Юрий Викторович Федотов
Yuri Fedotov.jpg
ユーリ・フェドートフ
生年月日 1947年12月14日(67歳)
出身校 モスクワ国際関係大学
前職 ロシア連邦駐英大使、外務次官
現職 国際連合薬物犯罪事務所事務局長
公式サイト United Nations Office on Drugs and Crime

任期 2010年7月9日 -

ロシアの旗 ロシア連邦駐大使
任期 2005年 - 2010年
テンプレートを表示

ユーリ・ヴィクトロヴィチ・フェドートフフェドトフロシア語: Юрий Викторович Федотов、ラテン文字転写の例:Yuri Viktorovich Fedotov1947年12月14日 - )は、ロシア外交官ロシア連邦駐在英国大使[1] を経て、2010年から国際連合薬物犯罪事務所事務局長。

経歴・人物[編集]

1971年モスクワ国際関係大学を卒業する。ソ連外務省入省後は、本省勤務のほか、アルジェリア大使館、インド大使館、国連機関に勤務。2002年ロシア外務次官に就任し、2005年まで務めた。同年6月から駐英大使。2010年7月9日潘基文国連事務総長に国連薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長に任命される[2]

脚注[編集]

  1. ^ Ambassador of the Russian Federation Russian embassy in UK bio on Fedotov
  2. ^ (日本語) 第19回 特別講演 「国際テロ・組織犯罪-アルジェリア人質事件を受けて」”. 東京大学大学院法学政治学研究科・法学部. 2013年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
国際連合薬物犯罪事務所事務局長
2010年 -
次代:
現職
先代:
グリゴリー・カラーシン
駐英ロシア大使
2005年 - 2010年
次代:
アレクサンドル・ヤコヴェンコ