ユーリイ・リャプキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリイ・リャプキン
生誕 1945年1月21日(69歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦バラシハ
ポジション ディフェンス
所属クラブ ヒミク・ヴォスクレセンスクロシア語版
HCスパルタク・モスクワ
王子製紙アイスホッケー部
代表 ソビエト連邦
現役期間 1964年 – 1982年
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子アイスホッケー
オリンピック
1976 インスブルック 団体
アイスホッケー世界選手権
1971 スイス 団体
1972 チェコスロバキア 団体
1973 ソビエト連邦 団体
1974 フィンランド 団体
1975 ドイツ 団体
1976 ポーランド 団体

ユーリイ・エヴゲニエヴィチ・リャプキンロシア語: Ю́рий Евге́ньевич Ля́пкин, ラテン文字転写: Yuri Evgenievich Lyapkin1945年1月21日 - )はソビエト連邦アイスホッケー選手。アイスホッケーソビエト連邦代表英語版にも選出された。1976年のインスブルック・オリンピックの金メダリスト。

経歴[編集]

ヒミク・ヴォスクレセンスクから1972年にHCスパルタク・モスクワに移籍、1976年にはソビエト選手権優勝を果たした。

国際試合には1968年のカナダ代表とのエキシビションから1976年12月のイズベスチヤ杯128試合出場し18ゴールをあげた[1]。この間、1972年、NHLに所属するカナダ人選手(当時オリンピックにプロ選手は出場できなかった。)とのサミット・シリーズ、1974年のWHA選手とのサミット・シリーズに出場[2]、1976年のインスブルックオリンピックでは金メダルを獲得した[3]

日本アイスホッケーリーグ王子製紙アイスホッケー部(後の王子イーグルス)でも1979-80年シーズンから1983-84年シーズンまでの4シーズン選手兼任コーチとしてプレイした[4]

参考文献[編集]

  • アイスホッケーマガジン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CCCP PLAYERS”. chidlovski.net. 2011年8月14日閲覧。
  2. ^ THE RISE AND FALL OF THE LEGENDARY HOCKEY CLUB VOSKRESENSK KHIMIK”. hockeyzoneplus.com (1999年12月1日). 2011年8月14日閲覧。
  3. ^ Super Series evokes memories of 1972”. ESPN (2007年9月5日). 2011年8月14日閲覧。
  4. ^ 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』pp.224 - 225 日本アイスホッケー連盟 2001年11月2日

外部リンク[編集]