ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(You'd be so nice to come home to)は、ジャズのスタンダード曲コール・ポーター作曲で、1942年に発表された。映画 "Something to shout about" の挿入歌である。

色々な歌手により、またインストゥルメンタルとしてカヴァーされている。

なお、題名は「あなたが待っている家に帰って来られたらすばらしいだろう」という意味であるが、『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』という題名で、日本では普及している。ジャズ評論家の大橋巨泉は「帰ってくれたらうれしいわ」という訳題をつけたが、(本来の意味とは歌い手の立場が逆になってしまうこともあってか)浸透していない[1]

YouTubeでも、この曲の多くの関連動画がアップロードされている[2]

カヴァー[編集]

カヴァーした歌手やミュージシャンの一部である。

アメリカ合衆国
イギリス
フランス
日本

脚注[編集]

外部リンク[編集]