ユードラ・ウェルティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユードラ・ウェルティ(Eudora Welty、1909年4月13日 - 2001年7月23日)は、アメリカ合衆国の女性作家ミシシッピ州ジャクソン生まれ。ウィスコンシン大学卒、コロンビア大学大学院で一年間学ぶ。1933 - 36年、WPA(Works Progress Administration 労働促進機関)の仕事でミシシッピ州各地を訪ねる。1936年最初の短編「旅するセールスマン」を雑誌に発表。1946年代表作『デルタの結婚式』、1954年中編「重い心」でウィリアム・ディーン・ハウエルズ・メダル受賞。1972年『楽観主義者の娘(邦訳・マッケルヴァ家の娘)』でピューリッツァー賞受賞。

邦訳作品[編集]