ユースフ・アクチュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユースフ・アクチュラトルコ語Yusuf Akçuraタタール語Yosıf Aqçuraロシア語Юсуф Акчурин1876年1935年)は、ロシア出身のトルコ民族主義者。

シンビルスク(現在のウリヤノフスク)にてタタール人工場経営者の家に生まれる。7歳の時、家族と共にオスマン帝国の首都イスタンブルに移住した。1895年に陸軍士官学校(Harbiye Mektebi)に入学し、オスマン帝国軍の将官となることを嘱望されたが、過激派組織に属したとしてリビアへの流刑に処された。 1899年には流刑先から脱出し、パリに留学。トルコ民族主義のイデオローグとして活動を始める。オスマン帝国での逮捕を恐れて、1903年にロシアに帰還した。

1904年には、カイロの雑誌『トルコ人』に論文「3つの政治路線Üç Tarz-ı Siyaset)」を発表し、当時まだ曖昧だったトルコ民族主義について、明確な定義を行った。同著の中でアクチュラは、オスマン帝国が取るべき国家戦略として、以下の3つの路線を比較検討し、当時の国際情勢を根拠に、トルコ民族主義の採用を強く主張した。

  • 多民族帝国としての性格を維持し、オスマン臣民としてのアイデンティティの下に帝国内の諸民族を統合する「オスマン主義
  • カリフとしてのスルタンの権威の下に帝国内外のムスリムを統合する「汎イスラーム主義
  • 言語や歴史、人種的特徴をアイデンティティの核として、テュルク系住民を統合する「トルコ民族主義

彼の思想は、青年トルコ人革命後のオスマン帝国の知識人の間で広く支持された。

1905年ロシア第一革命では、テュルク系ムスリムの権利向上運動に携わり、イスマイル・ガスプリンスキーアリー・メルダン・トプチュバシュサドリ・マクスーディーらと共に、「ロシア・ムスリム連盟İttifaq-ı Müslimin)」の設立に主導的な役割を果たした。1906年ストルイピンが内相に就任し、民族運動に対する弾圧が強まると、再び活動の場をイスタンブルに移す。

イスタンブルに戻ったアクチュラは、1911年に雑誌『トルコ人の母国(Türk Yurdu)』を出版。1912年に民族主義団体「トルコ人の炉辺(Türk Ocağı)」を創設し、言論活動を通して汎テュルク主義的主張を展開した。

トルコ独立戦争ではアンカラ政府に参加し、ムスタファ・ケマルと良好な関係を築く。共和制成立後は、新政権の世俗主義政策を支持し、トルコ民族主義の主張を、汎テュルク主義的性格からアナトリア地縁的性格に重心を移した。ズィヤ・ギョカルプらと並び、共和制初期の民族主義イデオローグとして大きな影響力を持った。

1923年にイスタンブル選挙区から国会議員に選出。1932年にはトルコ歴史協会の会長、1933年にはイスタンブル大学にて政治史の教授を務めた。1935年にイスタンブルにて死去した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 新井政美 2001 『トルコ近現代史: イスラム国家から国民国家へ』 みすず書房
  • Arai Masami 1992. Turkish Nationalism in the Young Turk Era. Leiden: E. J. Brill.
  • Landau, Jacob M. 1995. Pan-Turkism: From Irredentism to Cooperation. 2nd rev. Bloomington: Indiana Univ. Press.