ユージン・ストーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユージン・ストーナー(Eugene Stoner, 1922年11月22日 - 1997年4月24日)は、アメリカの銃器設計者。

経歴[編集]

高校卒業後、航空機会社に就職し航空機用火器の整備を学び、第2次世界大戦中は海兵隊に入隊し太平洋戦線を転戦した。戦後、航空機会社フェアチャイルドの銃器開発部門アーマライトの技術者となり、スポーツライフルの開発を次々と行う。そして1955年に原点とも云うべきAR-10を開発し、その数年後にAR10のミニチュアモデルであるAR-15を開発。これがアメリカ軍にM16の名前で採用された。

その後、AR-15の製造権がコルトに売却された事が原因か、1960年代初頭にアーマーライトを退社。キャデラック・ゲージ社に招かれ、パーツの交換で小銃、機関銃に変化するストーナー63を開発している。その後は、様々な銃器開発会社を転々とした後、晩年は愛弟子のリード・ナイツと共にナイツ・アーマメント社を設立しM16をベースにした銃の設計に携わったが、その完成を見ることもなく1997年に癌でその生涯を閉じた。

関連項目[編集]