ユージン・ジャーヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユージン・ジャーヴィス(2006年)

ユージン・ジャーヴィス(Eugene Jarvis, 1955年 - )はアメリカゲームデザイナーカリフォルニア州パロアルト出身。

アタリのワイドフリッパーピンボールのデザイナーだったが(このゲームについては「ピンボール」を参照)、大手メーカーを圧倒できなかったため短期間でピンボール事業が打ち切られたので退職、ウィリアムスに転職する。

同様にピンボールデザインとプログラムを手がけつつ、フリッパー『ゴーガー』ではピンボール業界初の音声合成を使用した。この技術力が引き金となった同社のテレビゲーム再参入では、スクロール式シューティングゲームとしては世界初の『ディフェンダー』(1980年)を発表。これで翌年ゲームオブザイヤーを受賞する。

だが会社の待遇に不満があるとして、仲間と共に退職、独立したゲーム製作グループ(VID Kids)を設立。続編『スターゲート』はVID Kidsから発売された。

その後も精力的な製作ペースを維持しつつ、2001年にRaw Thrills社を設立した。

2005年にはIGAD(国際ゲーム開発者協会)の最高名誉賞であるGame Developers Choice Awards生涯功労賞を受賞した。

代表作品[編集]

アーケードゲーム

外部リンク[編集]