ユージン・サンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユージン・サンドウ
Eugen Sandow
生誕 Friederich Wilhelm Müller
1867年4月2日
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国ケーニヒスベルク
死没 1925年10月14日(満58歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
著名な実績 ボディビル
配偶者 ブランチ・ブルックス
テンプレートを表示

ユージン・サンドウ(Eugen Sandow, 1867年4月2日 - 1925年10月14日)は、ボディビルダーの先駆者で、"近代ボディビルの父"と呼ばれている。

初期[編集]

1867年プロイセン王国ケーニヒスベルク(現在のロシア連邦カリーニングラード)でフリードリヒ・ヴィルヘルム・ミュラー(Friederich Wilhelm Müller)として生まれたサンドウは、少年時代に父に連れられてイタリアで鑑賞した古代ギリシャ・ローマ彫刻の戦士達や伝説の英雄達の肉体への憧れを強くしていた。

経歴[編集]

1889年撮影

時は流れ、19歳の頃には既に怪力スタントをパフォーマンスするだけの実力を身に付けており、後にレビューの天才と呼ばれる事になるフローレンツ・ジーグフェルドは、この若きサンドウを発掘し、興行の為に雇い入れた。サンドウは様々な怪力技で、ジーグフェルドが見出した最初のスターとして瞬く間にセンセーションを巻き起こした。

サンドウの古代ギリシア・ローマ彫刻の様な肉体は偶然の産物ではなかった。彼は美術館にある大理石の彫刻をじっと眺めながら、"ギリシャ人の理想"である"完璧な肉体"を作り出す方法を求め、その結果、精巧な釣り合いのとれた肉体を構築した。それは後に"近代ボディビルの父"と形容される、筋肉を作り上げる為の理論を方向付けたからである。

サンドウは興行でヨーロッパ全土を渡り、1893年にはアメリカに上陸、シカゴで開催された世界コロンビア博覧会でパフォーマンスを披露した。彼はその鍛え上げた肉体を白粉で包み、それはあたかも大理石の立像が魂を持ったかのように見えた。彼はその知的かつ上品な態度によって人気を増していき、端正な顔付きに加えて魅力的なヨーロッパ訛り、紺碧の瞳に元気な笑い声を持ち、人々を惹き付けた。

彼はボディビルに関する幾つかの本を著わし(『Sandow's System of Physical Training』『Strength and How To Obtain It』『Body-Building』『Strength and Health』『Life is Movement』の5つの著書を残している)、栄養面と共に健康的なライフスタイルを奨励した。これはそれまでの人々の意識を変えるのに重要な影響を与えた。

1894年にブランチ・ブルックス・サンドウと結婚し、2人の娘をもうけるが、興行終演後の舞台裏でしばしば金銭目的で他の女性に伸縮させた筋肉を触らせたり、自身の興行の為に雇っていた男性の音楽家・作曲家であるマルティナス・シーヴキングと親密な関係を持っており(サンドウは著書『Sandow's System of Physical Training』でも彼の事を大きく取り上げている。彼らの関係がどの程度かは明らかではないが、暫くの間ニューヨークで生活を共にしていた事がある)、彼の交遊関係をブランチが嫉妬していたとも言われている。

サンドウはまた、博学なビジネスマンでもあり、メールオーダーによる肉体の知識と鍛錬器具の販売を手掛けた。独自のスプリング・ローデッド・ダンベルとラバー・バンドによる負荷抵抗トレーニング・システムを開発し、ホーム・トレーニング向けの器具を普及させた事で名声を得た。 更には葉巻、健康効果を謳ったココア飲料、フィジカル・カルチャー向けの雑誌出版等、多くの事業を手掛けた。そしてイギリスロンドンにて、体育館との差別化を図った最初期のヘルス・クラブの一つであるフィジカル・カルチャー・スタジオを開設したり、全ての階級向けにファッショナブルなエクササイズを考案したりした。彼はそのボディビルを通じた健康思想で、世界を征服しようと試みていた。

サンドウは1901年9月14日、イギリス・ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて世界最初のボディビル・コンテストである"グレート・コンペティション"を主催した。審査はサンドウ自身とチャールズ・ロウ、アーサー・コナン・ドイルが行い、このコンテストは大きな成功と多くのファンを獲得した。

サンドウはアーサー・コナン・ドイル、ジョージ5世トーマス・エジソンらと親交を結び、エジソンの所有していたスタジオで撮影された、筋肉美を誇示する様々なポーズを取り、最後に後方宙返りを決めるサンドウの映像が残されている(『Sandow Museum』で閲覧出来る)。

サンドウは1925年に58歳の生涯を終えた。彼の死亡時、「泥に嵌った乗用車を押した直後に脳卒中を起こし、58歳という早過ぎる死を迎えた」と発表されたが、現在最も可能性が高い死因は梅毒による合併症だとされている。 遺体は妻ブランチの意向により墓標の無いままロンドン近郊のプットニー・ヴェール墓地に埋葬された。2002年になり、ファン有志により大理石による墓石が設けられた。

遺産[編集]

彼のボディビル競技への功績を後世に伝える意味を込めて、フレデリック・ポメロイの彫刻による銅製のサンドウ像が、ミスター・オリンピアの勝者に1977年より贈呈されている(この像はシンプルに"サンドウ"と呼ばれている)。現在でも優勝者にはサンドウ像が授与されており、現在ではサンドウ像は同時にオリンピアのタイトルを示すものとして知られている。 1994年にはデイヴィッド・L・チャップマン執筆の伝記『Sandow the Magnificent - Eugen Sandow and the Beginnings of Bodybuilding』が発表された。

参考文献[編集]

(英語版が参考にした文献)

  • Chapman, David, "Eugen Sandow and the Birth of Bodybuilding", Hardgainer (May 1993)
  • Chapman, David, Sandow the Magnificent: Eugen Sandow and the Beginnings of Bodybuilding (Champaign, IL: University of Illinois Press, 1994)

外部リンク[編集]