ユーグ5世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーグ5世フランス語Hugues V, 1282年 - 1315年5月9日)は、ブルゴーニュ公(在位:1306年 - 1315年)。ロベール2世とその妃であったフランスルイ9世の王女アニェスの長男。

ユーグは1302年にカトリーヌ・ド・ヴァロワと結婚したが、子供は知られていない。また彼は十字軍に参加しており、テッサロニキ王国の名目上の王にもなっていた。1315年に死去した後、公位は弟のウード4世が嗣いだ。


先代:
ロベール2世
ブルゴーニュ公
1306年 - 1315年
次代:
ウード4世