ユリウス・ロイプケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリウス・ロイプケ

ユリウス・ロイプケJulius Reubke, 1834年3月23日 - 1858年6月3日)はドイツ作曲家ピアニストオルガニスト

ドイツのハウスナインドルフドイツ語版英語版生まれ。父のアドルフ・ロイプケはオルガン製作者であった。ベルリンの音楽院でピアノをテオドール・クラックに師事。1856年にはハンス・フォン・ビューローの薦めでフランツ・リストに師事するためにヴァイマルに移り、彼の愛弟子となるも、その2年後に結核のため24歳の若さで死去。ロイプケの死後、リストはロイプケの父アドルフに宛てて、ロイプケの才能を惜しむ見舞い状を送った。

短い生涯ではあったが、時折演奏会で取り上げられるピアノソナタ(1857年)や彼の代表作であり19世紀のオルガン作品の最高傑作の一つとされる『詩篇94番によるオルガンソナタ』(1857年)などの作品を残している。両作品はリストの作品、特にピアノソナタの影響を示している。

外部リンク[編集]