ユリウス・ヘルマン・シュルテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユリウス・ヘルマン・シュルテス(Julius Hermann Schultes、1804年2月4日 - 1840年9月1日)はオーストリアの植物学者である。父親のヨーゼフ・アウグスト・シュルテスとヨハン・ヤコブ・レーマー(Johann Jacob Roemer)とともに、『植物分類学』("Systema vegetabilium" )7巻を執筆した。

ウィーンに生まれた。ランツフート大学で医学を学んだ。幼い頃から父親から植物学の教育を受け、多くの植物の記載を行った。父親の没後、ミュンヘンに移り、医師を開業した。エミール・マクシミリアン・ディングラー(Emil Maximilian Dingler)の創刊したドイツ最初の技術雑誌、"Polytechnisches Journal”に執筆者や、科学書の翻訳者として活動した。

著作[編集]

  • De nosocomiis quibusdam Belgicis, Britannicis,Gallicis commentariolum, 1825 (Diss.);
  • Ber. über die Leichenöffnung einer vom Blitze Erschlagenen, Neue Notizen aus dem Gebiete der Natur- und Heilkde. 2,1827
  • Ueber die im Oktober in München gehaltene Ind.Ausst., in: Polytechn. Journal 58, (1835)
  • Beitrr. für Allg. Enc. der Wiss. und Kuenste ..., hrsg. von J. S. Ersch und J. G. Gruber, Ser. 1–3, 1818ff.
  • 共著 C. a Linné Equitis Systema vegetabilium ..., Neuaufl. 7/1–2,1829–30, dazu: Mantissa in volumen tertium,

参考文献[編集]