ユリウス・コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユリウス・コッホJulius Koch1872年 - 1902年3月30日)は、医学的に確証がある身長8フィート(2.4384m)以上に成長した12人のうちの1人である。Le Geant Constantinの通称でも知られた彼の身長は、245.9センチメートルだった。

生涯[編集]

ドイツ南西部のロイトリンゲンで生まれたコッホは、巨人症によって著しい身長の伸びを示し、身長は推定で245.9センチメートルとなった。後に脚部に壊疽を起こしたため、切断することになった。彼が生存していた時期は、同じく長身の人物で、推定身長8フィート9インチ(約2.67m)だったジョン・W・ローガンとほぼ同じだったため、当時の世界最高身長の人物ではなかった。彼の大腿骨は最大で76センチメートル、手首から先の長さは37.5センチメートルだった。コッホの下腿部の長さは、幾つかの記録によれば32インチ[1]だったという。

コッホはベルギーモンスで1902年3月30日に死去し、骨格はその地の博物館に保存された。なお、同じ1902年に公開された映画史初期の短編映画『The Giant Constantin』に出演している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 81.28cm。
  2. ^ The Giant Constantin (1902)(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]