ユリア・ペチョンキナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリア・ペチョンキナ Portal:陸上競技
Yuliya Pechonkina Osaka07.jpg
2007年世界選手権におけるペチョンキナ
選手情報
フルネーム ユリア・セルゲイェヴナ・ペチョンキナ
国籍 ロシアの旗 ロシア
種目 400メートルハードル
生年月日 1978年4月21日(36歳)
生誕地 ロシアクラスノヤルスク
身長 176cm
体重 66kg
自己ベスト
400mハードル 52秒34(2003年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ユリア・ペチョンキナ (ロシア語: Юлия Сергеевна Печёнкина[1]1978年4月21日-)は、ロシアの陸上競技選手。旧姓はノソワ。女子400メートルハードルの世界記録保持者である。また、室内の4×200mリレーでも1分32秒41の世界記録を保持している[2]

2001年世界選手権男子110メートルハードルで決勝進出の実績があるハードラー、エフゲニー・ペチョンキンと結婚したが、2006年に離婚している。

経歴[編集]

ペチョンキナが初めて臨む世界大会は、2000年のシドニーオリンピックであったが、このときは準決勝で敗退している。翌年の世界選手権ではネザ・ビドゥアンモロッコ)に次いでフィニッシュし、銀メダルを獲得した。

2003年の世界選手権直前の8月に、キム・バッテンアメリカ)が保持していた当時の世界記録(52秒61)を大きく更新する52秒34の世界新記録を樹立した。世界選手権では優勝候補筆頭と目されていたが、ヤナ・ローリンソンオーストラリア)らに敗れ、銅メダルであった。また、翌年のアテネオリンピックの決勝では、終盤に勝負を諦めたのか大きく失速し、8位に終わった。

2005年の世界選手権では52秒90の好タイムで優勝を果たした。この大会では4×400mリレーも制し、2冠を達成した。連覇を狙った2007年の世界選手権では、ローリンソンに再び敗れ、雪辱を果たせず銀メダルであった。

近年、副鼻腔炎を患い、北京オリンピックおよび2009年世界選手権への出場を辞退している[3]。世界選手権終了後の2009年9月、健康上の理由から引退を表明した[4]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2001 世界室内選手権 リスボンポルトガル 4×400mリレー 1位 3:30.00
2001 世界選手権 エドモントンカナダ 400mハードル 2位 54.27
2001 世界選手権 エドモントン(カナダ) 4×400mリレー 3位 3:24.92
2002 ワールドカップ マドリードスペイン 400mハードル 1位 53.74
2003 世界室内選手権 バーミンガムイギリス 4×400mリレー 1位 3:28.45
2003 世界選手権 パリフランス 400mハードル 3位 53.71
2003 世界選手権 パリ(フランス) 4×400mリレー 2位 3:22.91
2004 オリンピック アテネギリシャ 400mハードル 8位 55.79
2005 世界選手権 ヘルシンキフィンランド 400mハードル 1位 52.90
2005 世界選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 4×400mリレー 1位 3:20.95
2005 ワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 400mハードル 2位 53.80
2006 ワールドカップ アテネギリシャ 400mハードル 1位 53.88
2006 ワールドカップ アテネ(ギリシャ) 4×400mリレー 3位 3:21.21
2007 世界選手権 大阪日本 400mハードル 2位 53.50

自己ベスト[編集]

  • 400m - 53秒22 (2001年7月1日)
  • 400mハードル - 52秒34 (2003年8月8日)

[編集]

  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Yuliya Sergeyevna Pechonkina
  2. ^ 4x200 Metres Relay Records - IAAF
  3. ^ Hurdler Pechonkina to miss Berlin - BBCスポーツ(英語)
  4. ^ Russian 400m hurdles world record holder Pechonkina hangs up spikes - ヨーロッパ陸上競技連盟(英語)

外部リンク[編集]