ユハニ・アホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アホの記念切手1961年
ユハニ・アホ

ユハニ・アホJuhani Aho、本来はJohannes Brofeldt1861年9月11日 - 1921年8月8日)は、フィンランドラピンラハティ英語版出身の小説家ジャーナリスト。フィンランドに於ける写実主義黎明期を代表する小説家で[1]業績はフィンランド文学史上特異である。

牧師で、フィンランドの小説家、劇作家であるアレクシス・キヴィの影響を受け1884年鉄道が開通した時の農民リアリズム表現した処女作『鉄道(en:Rautatie)』を著した。

1885年ノルウェー舞台監督、詩人、劇作家であるヘンリック・イプセン風で上流階級批判した作品『牧師の娘』を著す[1][2]

1890年に、フランス作家詩人、劇作家であるギ・ド・モーパッサン、同様にフランスの小説家であるアルフォンス・ドーデの影響を受け、自然主義風に書かれた小説『独り』を著し、1893年には『牧師の妻』を著した後に新ロマン主義に移った。

1891年よりアホが亡くなる1921年まで、後のフィンランド文学に影響を与えた[1]全8巻からなるエッセイ集『小品』を著す。

1911年には三角関係を描いた『白い花びらJuha)』を著し、1999年にフィンランドの映画監督であるアキ・カウリスマキにより映画化された。

アホはフライ・フィッシングを好み、1939年ノーベル文学賞を受賞したフィンランドの作家であるフランス・エーミル・シランペーヘルシンキ交流もあった。

1921年8月8日、ヘルシンキで亡くなる。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b c アホとは - コトバンク、2013年1月29日閲覧。
  2. ^ 高橋静男『アホ[リンク切れ] - Yahoo!百科事典

関連項目[編集]