ユニーグループ・ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユニーグループから転送)
移動: 案内検索
ユニーグループ・ホールディングス株式会社
UNYgroup Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8270
名証1部 8270
略称 ユニー、UGHD
本社所在地 日本の旗 日本
492-8680
愛知県稲沢市天池五反田町1番地
設立 1950年昭和25年)3月13日
(株式会社ほていや呉服店)
業種 小売業
事業内容 総合小売業、コンビニエンスストア、都市型ミニスーパー、専門店、金融サービス、ディベロッパーなど各事業を中心とした企業グループの運営企画・管理(純粋持株会社)
代表者 佐古 則男(代表取締役社長COO
資本金 221億87百万円
(2015年2月28日現在)
発行済株式総数 234,100,000株
(2015年2月28日現在)
売上高 連結:8,486億9百万円
単体:57億18百万円
(2015年2月期)
純利益 連結:-24億8百万円
単体:21億98百万円
(2015年2月期)
純資産 連結:3,012億49百万円
単体:2,120億79百万円
(2015年2月28日現在)
総資産 連結:9,525億84百万円
単体:6,019億71百万円
(2015年2月28日現在)
従業員数 連結:9,161人
単体:82人
(2015年2月28日現在)
決算期 2月28日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 9.39%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 6.95%
伊藤忠商事 2.99%
日本生命保険 2.91%
三菱東京UFJ銀行 2.59%
(2015年2月28日現在)
主要子会社 #グループ企業参照
外部リンク http://www.unygroup-hds.com/
特記事項:2013年平成25年)2月21日、ユニー株式会社を社名変更し純粋持株会社に移行
テンプレートを表示

ユニーグループ・ホールディングス株式会社: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニーサークルKサンクスを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。

概要[編集]

日本の総合小売業では第3位の規模を持ち、チェーンストアかつ総合スーパーユニーと、日本のコンビニエンスストア業界では第4位の規模を持つサークルKサンクス等を持株運営する日本の企業である。持株会社化前はユニーグループ (UNY Group) と称した。

持株会社概要[編集]

ユニーグループ内の総合小売業と、コンビニエンスストア事業を中心としたグループ体制の強化とM&A促進によるグループ規模の拡大を目指して、総合スーパーの事業を新設の子会社に移管し業態転換することにより発足した。

2016年9月を目途に、ファミリーマート経営統合した上で同社に吸収合併。さらにファミリーマートの事業をサークルKサンクスによって吸収分割。継承させる予定である[1][2]

沿革[編集]

事業会社時代[編集]

持株会社時代[編集]

  • 2013年(平成25年)
    • 2月21日 - ユニー(旧)の事業を子会社のユニーグループ・ホールディングス(旧)に譲渡し持株会社に移行。同時に社名をユニーグループ・ホールディングス株式会社(新)に変更。事業を譲り受けた子会社のユニーグループ・ホールディングス(旧)は社名をユニー株式会社(新)に変更。
    • 8月31日 - サークルKサンクスを主要取引先とする米飯・惣菜製造の株式会社ナガイを完全子会社化[3]
  • 2014年(平成26年)1月6日 - タッキーフーズ株式会社[注 1]鶏肉事業部門を会社分割することにより、ブロイラー養鶏事業を行う新設会社、(新)タッキーフーズ株式会社を杉本食肉産業株式会社(65%)、ユニー・グループホールディングス(35%)の出資で設立[4]
  • 2015年(平成27年)3月 - 同業者のファミリーマートとの経営統合へ向けた協議に入ることが報じられる[5]

グループ企業[編集]

2015年2月末現在、子会社30社及び関連会社9社を擁する。

スーパーストア[編集]

コンビニエンスストア[編集]

専門店[編集]

デベロッパー[編集]

金融[編集]

  • 株式会社UCS(稲沢市・JASDAQ上場)

飲食[編集]

サービス[編集]

広告[編集]

人材派遣[編集]

食料品製造事業[編集]

関連企業[編集]

合弁企業[編集]

CM出演者[編集]

  • 吉瀬美智子 - ユニーグループ・ホールディングスの総合イメージキャラクター

番組スポンサー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 名古屋の老舗繊維商社タキヒョー株式会社の創業家が昭和初期に設立した滝実業学校(現・滝高等学校)農業科を分離して、昭和40年10月に設立された企業。
  2. ^ 中国の大手食品企業集団「頂新」グループとの合弁。優遇税制(タックス・ヘイヴン)のため登記上の本社をケイマンに置く。合弁企業設立について (PDF)
  3. ^ 上海に中国1号店を2010年開店予定(ユニーが上海に中国1号店を2010年開店)であったが、開店は2014年(平成26年)秋にずれ込んだ。ユニー(ケイマン)ホールディングスを持ち株会社とし、傘下に優友(上海)商貿有限公司を2011年11月に設立した。

出典[編集]

  1. ^ 田野真由佳 (2015年3月16日). “ファミマ、ユニー「統合」で始まる大淘汰 "負け組同士"のコンビニに勝算はあるか”. 東洋経済オンライン. http://toyokeizai.net/articles/-/63178 2015年3月21日閲覧。 
  2. ^ 株式会社ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス株式会社の経営統合に向けた協議開始のお知らせ (PDF)”. ユニーグループ・ホールディングス (2015年3月10日). 2015年3月11日閲覧。
  3. ^ 株式会社ナガイの株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ (PDF)”. ユニーグループ・ホールディングス (2013年6月27日). 2013年7月6日閲覧。
  4. ^ ブロイラー鶏肉事業会社の株式取得に関するお知らせ (PDF)”. ユニーグループ・ホールディングス (2013年11月11日). 2014年1月10日閲覧。
  5. ^ ファミマとユニー 経営統合向け本格協議へ(NHK2015年3月6日 同日閲覧)

外部リンク[編集]